1. TOP
  2. 禁煙
  3. チャンピックスの禁煙成功率は本当に高いのか!? | 禁煙方法比較

チャンピックスの禁煙成功率は本当に高いのか!? | 禁煙方法比較

禁煙 この記事は約 10 分で読めます。 29 Views

チャンピックスは、ニコチン以外の成分含有の唯一の禁煙補助薬なので人気です。
ニコチンではない有効成分「バレニクリン酒石酸塩」がタバコを吸いたいと思う衝動を低減してくれるので禁煙成功率が高くなると言われています。

実際にチャンピックスでどの程度禁煙が成功しているのでしょうか?

 

チャンピックスで禁煙できる実際の成功率

4週間禁煙できた成功率は78.5%
よく言われている禁煙外来による「禁煙成功率78.5%」という数字をそのまま間に受けてよいのでしょうか?
この数字は禁煙外来で5回すべて終了した12週間後に患者がその後、「4週間禁煙できた成功率」を示しているのです。

タバコの依存症は高く、4週間禁煙できたから一生禁煙できるはずがありません。

継続禁煙率は29.7%
禁煙治療終了9ヵ月後の状況についての調査結果によると禁煙を継続できている割合は29.7%と報告されています。
また年齢別にみると30歳未満の禁煙継続の割合は18.1%、70歳以上の禁煙継続の割合は36.4%と意外にも喫煙年数が少なく依存度が低いと思われる30歳未満の方が禁煙できていません。
年齢別の統計では、50歳以上の成功率が高くなっていて想像するに50歳以上の人は喫煙を止める必要に迫られた病気が発症しているのでしょう。

禁煙治療後の「1ヵ月間の禁煙成功率78.5%」から「9ヵ月間の禁煙成功率29.7%」と低下してきます。
このことからも禁煙を2年、5年、10年、20年と続けることは非常に難しいと心得ておきましょう。
薬に頼るだけでなくやはり強い意志とモチベーションは必須のようです。
依存症なのだから治療後の禁煙に対する自己啓発や周りの人のサポートが一生必要かもしれません。

 

チャンピックスで禁煙した口コミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲み始めて2ヵ月経ちますが、今のところタバコを吸いたいとも思いません。
これまであの手この手で禁煙に挑戦し失敗した経験を積み重ねてきましたが、ようやくこれで成功できるように思います。

 

過去には1日40本吸ってて何度か喫煙に挑戦しましたが、失敗でした。
チャンピックスは本当に凄いと思います。最終的には禁煙成功しました。
吐き気とかもなく、特に困った副作用は出ませんでした。

 

喫煙歴25年、1日30本ぐらい吸っていました。
これまでニコチンパッチやニコチンガムを試しましたが、全然禁煙出来ませんでした。
チャンピックスは飲み始めて2か月ですが、今のところタバコを吸いたいという気持ちはかなり薄らいでいます。
過去に禁煙を失敗した経験を積み重ねてきましたが、今回は禁煙できそうです。

 

腎臓の調子が悪くなり、医者からも禁煙を勧められました。
もう後はないとの思いで禁煙外来を受診。相当な覚悟を持って禁煙治療を始めました。
最初のころはチャンピックスを飲んでもタバコを吸っても良いとのことでした。
薬を飲んでタバコを吸うとタバコが美味しく感じなくなります。
比較的すんなりタバコを吸いたいという気持ちがほとんどなくなるのです。
途中からタバコは吸ってはいけなくなりますが、ことの他スムーズに吸わないでも居られるように。
現在、チャンピックスを服用しなくなって3年経ちますが、今でも禁煙は続いています。
腎臓もステロイド治療で改善しました。
今でもタバコを吸えと言われれば、いくらでも吸えますが、一切吸わないようにしています。
依存症というのは一生の戦いなのだと思います。

 

チャンピックスを飲むと喫煙の本数が自然と減ります。
約15年、20本/日くらいの喫煙歴でしたが、今は全く吸わなくても過ごせるようになりました。
一番恐れていたのが禁断症状でしたが、イラついたり、唇を噛みしめて我慢するようなことなく過ごせるので助かっています。
時間を持て余した時や仕事のストレスで喫いたくなりますが、そこはじっと我慢してタバコを吸ってしまったときの後悔を想像するようにします。

 

スターターパックを始めて3日目位からタバコの刺激や爽快感がなくなって苦い煙としか感じなくなります。
1mgを飲むようになってから時々タバコが吸いたくなりますが、我慢できないほどではありません。
3ヵ月が終わって禁煙している今では、お酒を飲んでもタバコを吸いたいとは思わなくなっています。
タバコ代を止めた分、お金も浮くし健康も増進されると考えるようにしてます。

 

素晴らしい薬です。私の場合、薬の副作用と感じるは、薬飲んで数時間ごく軽い吐き気を催します。
でもタバコの害を考えれば、薬の副作用は問題ないと思います。

全体的に悪い口コミはありません。
この薬はタバコを止めようと思う意思をバックアップしてくれます。
完全に禁煙できるかどうかは、やはり本人の意思は必要です。

 

いろいろな禁煙方法の成功率比較

禁煙治療3ヵ月後に1ヵ月間禁煙できた成功率を比較しています。
ちなみにチャンピックスの禁煙成功率は78.5%となっています。

ニコレット
禁煙成功率:41.6%
ニコチンが含有されているガム。ニコチンをタバコからではなく口から摂取しながら禁煙を目指します。
ニコチン置換療法で禁煙時のイライラ・集中困難などのタバコによる離脱症状を緩和します。

ニコレットを使用して12週間の禁煙プログラムを実施するという臨床試験によるとニコレットを使用して12週間後に禁煙に成功したのは全体の41.6%でした。
他にタバコを吸う量が減ったのは29.2%、喫煙を維持した人が19.9%であったという結果が出ています。

 

ニコチンパッチ
禁煙成功率:52.9%
ニコチンが含有されたパッチで肌に貼ることでニコチンを吸収させ、ニコチンへの欲求を抑える働きをします。
ニコチンを体内に取り込みながらその量を少しずつ減らしていくことで依存度を低減させ、最終的にはニコチン無しでも耐えられる状態に戻すことで禁煙を達成させます。

 

電子タバコ
禁煙成功率:15.4%
電子タバコはIQOSなどと違いタバコ葉が使用されていないのでニコチンやタールによる体への影響はありません。
電子タバコを使った禁煙は難しいという調査結果が出ています。
単に禁煙を奨励するだけでむしろ電子タバコはより効果的な禁煙方法から喫煙者を惑わすとの意見もあります。
電子たばこを使用した人は使わなかった人と比べて禁煙成功率が約4割低下したとの結果もあります。

 

最も禁煙成功率が高いのはやはり「チャンピックス」

どの方法も継続禁煙の成功率は高くありませんが、その中でも最も禁煙成功率が高いのは「チャンピックス」。
本気で禁煙したいならやはり「チャンピックス」を検討すべきでしょう。

チャンピックスの入手は禁煙外来で病院処方してもらうかネット通販で購入する方法があります。

病院処方の場合、保険が適用されますが、合計で2万円ほどかかります。
病院へは3ヶ月間に5回通院する必要があり、かなり面倒ですが、先生のチェックが入りますのモチベーションは維持しやすいと思います。
1度禁煙外来で失敗すると1年間は保険適用になりません。

一方でネット通販で購入することもできます。
スターターパック+5箱の12週分で約3万円かかります。

保険適用の病院処方の方が安いので通院できる人は病院から入手した方がお得です。
禁煙外来で失敗した後の1年間は保険適用外なのでそういう人や病院に行くのが手間という人はネット通販で入手するとよいでしょう。

 

ネット通販でチャンピックスを入手する

ネット通販で入手するには安心・安全で格安な通販サイトから購入したい。

スターターパック:0.5mg11錠+1mg14錠
メンテナンスパック:1mg28錠
12週分に必要な箱数:スターターパック1箱 + メンテナンスパック5箱

  オオサカ堂 ベストケンコー あんしん通販薬局
スターター1箱 4,842円 7,224円 7,380円
スターター1箱 + メンテナンス1箱 9,813円
メンテナンス 1箱 5,221円 6,556円 8,980円
メンテナンス 2箱 9,847円 14,817円
スターター1箱 + メンテナンス5箱 34,880円 39,980円

チオオサカ堂で12週分:(スターター1箱+メンテナンス1箱)+メンテナンス2箱x2 = 9,813+9,847×2=29,507円
ベストケンコーで12週分:スターター1箱 + メンテナンス5箱 = 34,880円

 

禁煙を継続するのに必要なこと

喫煙は薬物の依存症といわれる病気です。
禁煙治療でタバコを止めることができてもいつどんなきっかけで吸ってしまうか分かりません。

特に仕事などのストレスやお酒を飲んだ席、人が吸っているのを見てなど誘惑はたくさんあります。

吸いたい気持ちが出てきたら「もしこの1本を吸ってしまったら依存症が完全に再発してしまうと考え、また0からやり直しで辛い思いをする」と考えましょう。
「1本ぐらい」がズルズルとまた逆戻りさせてしまいます。

まわりでタバコを吸っていても何も感じなくなるまではなるべく周りの人の協力をお願いしてタバコがある環境を避けましょう。
特に家族で吸う人がいたら近くで吸わないよう協力を要請しましょう。

定期的にタバコの悪を学んで再認識するとよいでしょう。
たばこに対して良いイメージを持っているとそれだけ再喫煙のリスクは上昇します。
たばこに対してできるだけ悪いイメージを持つように勉強しましょう。
たばこを吸うことで咳が出たり黒い肺や健康を害する自分をイメージしましょう。
またタバコを止めて健康的になる自分を想像しましょう。

周りの人の協力と知識と意志とモチベーションは必須のようです。

 

どのぐらいの期間禁煙できればずっと禁煙できる

禁煙治療の専門医によると6ヵ月間禁煙できれば、たいていの人は再喫煙しなくなり、1年経てば立派な禁煙成功者といえるそうです。
1年経ってもタバコに未練があるのは、タバコを吸ったときの快感が記憶されているからでこれはそのたびに振り払うしか方法はないようです。
10年経っても吸いたくなるという人もいますしし、全くそう思わない人もいるようです。

 

禁煙を止められないのは病気

禁煙初期には暇さえあれば、タバコのことを考えてしまいますし、人が吸っているのを見たり、お酒を飲んだりするとどうしてもタバコを吸いたくなってしまいます。

タバコを吸うと脳が快感や満足感を感じ、禁煙すると禁断症状でイライラ、集中力低下、抑うつなどいろいろな症状が現れます。
ニコチンがないと脳神経が正常に働かなくなってしまうのです。
なかなか禁煙ができないのは、この心理的依存の影響が大きいといわれます。

このような症状がある人は、「ニコチン依存症」という薬物依存の病気だということを認識しましょう。
ニコチン依存は麻薬依存と同じ様にニコチンを断つと禁断症状が現れ、疲労感やイライラに襲われるのです。
自らの意思で禁煙をすることが非常に難しい精神的な病気なのです。

喫煙は止めることができない「病気」と認識し、治したいのであれば、治療を受けることが大切です。
また周りの人も病気だという理解が禁煙治療を後押しします。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ジェネリック医薬品トレンドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ジェネリック医薬品トレンドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

lots

この人が書いた記事  記事一覧

  • 待った!スカルプDメディカルミノキ5を購入する前に検討した製品とは!?

  • 実録、私の10年間の育毛体験 | リアップ~フォリックスFR15までの効果!?

  • 避妊の種類と成功率・メリット・デメリット

  • ジスロマック&ジェネリック人気通販サイト | クラミジア治療の効果・副作用

関連記事

  • 禁煙外来の成功率・失敗したらどうすればよい!?