1. TOP
  2. 男性が育毛をジェネリック医薬品で行うときの7つのポイント

男性が育毛をジェネリック医薬品で行うときの7つのポイント

 2014/12/26 育毛剤
この記事は約 5 分で読めます。 106 Views

男性の場合、育毛剤の種類がありすぎて何を使えばいいのか分からない人が多いのではないでしょうか。

広告やサイト・口コミなどを参考に購入するのが普通でしょう。

そして最終的には、フィナステリドとミノキシジルにたどり着く場合が多い。

日本皮膚科学会の育毛成分の見解

日本皮膚科学会の「男性型脱毛症診療ガイドライン」では、男性型脱毛症に対して科学的根拠に基づいて検証した結果、育毛効果がある成分として「ミノキシジル外用」と「フィナステリド内服」を推奨しています。

ミノキシジル外用として国内で存在するのは「リアップ」のみ。
海外には、他にもさまざまなミノキシジル商品があります。

フィナステリド内服としては、AGA治療に使われる「プロペシア」が有名。
AGA治療を行っている病院で処方してくれます。
海外には、フィナステリドを使ったジェネリックがさまざまあります。

育毛のためのジェネリック医薬品と言えば!?

育毛のジェネリック医薬品として使われている成分と言えば、フィナステリドとミノキシジルぐらい。
どちらも育毛に対して有効性が高いと評価されている成分。
高い効果が期待できるからこそジェネリックが存在するとも言えるでしょう!

フィナステリドを使用している先発医薬品がプロペシアとプロスカー。
このジェネリックには、フィンペシア・エフペシア・フィナロ・フィナバルド・フィンカー。
プロペシアの純正品は国内で入手可能ですが、ジェネリックは海外から取り寄せる必要があります。

ミノキシジルには外用と内服があります。
ミノキシジル外用には国内ではリアップ、海外ではロゲインが純正品。
ジェネリックには、カークランド・ポラリス・ジェンヘアー・ツゲイン・スペクトラル・アクタビスなどさまざまあります。
何れも海外から調達する必要があります。

ミノキシジル内服には、正規品としてロニテン。
ジェネリックには、ノキシジル・ミノキシジルタブレット・ロニタブなどがあります。
ロニテンは国内で入手可能ですが、他は個人輸入などで海外から購入することができます。
純正品より圧倒的に安く手に入れることができます。
フィンペシア
ミノキシジルタブレット

フィナステリドの効果・副作用

image08
AGA治療の定番とされるフィナステリドは高い育毛効果が期待できます。

効果
フィナステリドは、男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンの生成を抑制し、抜け毛を防ぐ効果が期待できます。
抜け毛が減れば、結果、髪のボリュームが増えることになるのです。

副作用
効果がある反面、副作用のリスクもあります。
主な副作用に、性欲減退、眠気、頭痛、腹痛、胃の不快感、下痢、かゆみ・じんましんなどの過敏症、頻尿などがあるとされます。
ただ、これらの発症率は極めて稀。
副作用が現れたら服用を中止すれば、副作用の症状も無くなります。

「初期脱毛」は一時的に抜け毛が増えますが、その分、薄毛改善効果は高いと言われています。
フィナステリドでおすすめはジェネリックのフィンペシア

ミノキシジルの効果・副作用

image30
効果
ミノキシジルタブレット
ミノキシジルは毛根にある毛母細胞に作用、髪成長を促進する効果が期待できます。
いわゆる育毛剤によくあるような効果を謳っていますが、問題は本当に効果が出やすいかどうか!?
データを比較する限り、高い確率で効果が出ています。
発毛を実感する人も相当な割合でいます。

副作用
主な副作用は、体毛増、むくみ、眠気、頭痛、性欲減退、体重の増加、発疹、かぶれ、ふけ症、胸の痛み、動悸など。
副作用が起こる確率は低く、ほとんどは軽度。
もし強い副作用に見舞われたら医師に相談しましょう。

ほぼ確実に起こることが体毛が濃くなること。
初期脱毛が起これば、かなりの確率で発毛も期待できます。

育毛ジェネリック医薬品の入手方法

ジェネリックの育毛薬を入手する一般的な方法は、個人輸入代行業者を利用すること。
個人輸入代行業者は輸入に関する面倒な続きや発送処理を全て代わりにやってくれる便利なサービス。
購入方法は普通の通販とほとんど変わりありません。

こういった業者は、ネット上に複数存在します。
ただ中には悪質な業者もあるようなので口コミなどを参考に選ぶとよいでしょう。
おススメは「オオサカ堂」や「くすりエクスプレス」。

おススメの育毛ジェネリック

数ある育毛ジェネリック医薬品から最適な商品を選ぶのは、調査の手間もかかるし、難しいでしょう。

おススメは、抜け毛予防としてフィナステリド含有の「フィンペシア」内服、発毛として「ミノキシジルタブレット」内服、ミノキシジル外用として「ポラリス」。

これらひとつまたは複数併用するとよいでしょう。

最強の組み合わせ

育毛するに当たってどの商品を使うかは、育毛薬の使用経験度合いによって変わります。
その理由は副作用のリスクがあるから。

初めて使う人
フィンペシアのみ。

次に
フィンペシア+ポラリスNR-07
または「フィンペシア+ポラリスNR-08」

さらに発毛を望むなら
「フィンペシア+ミノキシジルタブレット5mg+ポラリスNR-11」

最強の発毛を実現したいなら
(ヤマト便)男性用[NR-09]ミノキシジル15%+αローション 1本 //フィンペシア30錠(キノリンイエローフリー新タイプ) //ミノキシジルタブレット10mg(100錠) //ニナゾルシャンプー1本 //リジン1200mg300錠1本

副作用や薄毛のレベルに合われて自分に最適な組み合わせがあります。

\ SNSでシェアしよう! /

ジェネリック医薬品トレンドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ジェネリック医薬品トレンドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

lots

この人が書いた記事  記事一覧

  • リーズナブル価格帯の濃度別ハイドロキノン厳選 | シミへの効果・副作用・使い方

  • メガリスの通販サイト比較|知っておきたい効果・副作用

  • ED治療薬ジェネリック通販人気ランキングTop7

  • 犬の外耳炎の薬をネット通販で購入してみよう!

関連記事

  • プロペシアのジェネリックを使うとき必ず知っておきたい28のまとめ

  • AGA治療で1度でも病院に行ったことがあるなら検討したいこと

  • 海外育毛剤ジェネリック通販人気ランキング

  • ケアプロスト人気通販サイト | 驚きの効果と副作用&使い方

  • リアップを購入する前に・・ちょっと待って!知らないと損する情報

  • 発毛させるためにたどり着いた最強の育毛剤組み合わせ&育毛クリニック