1. TOP
  2. EDでもないのにED治療薬を使う!?

EDでもないのにED治療薬を使う!?

ED治療薬の本来の目的は、「勃起障害」あるいは「勃起不全」の人の治療。

ただ完全にEDでなくても処方してもらえるので使う人が増えているのは事実。
男性にとって20代前半のころの勃起力は憧れ!
しかも何回戦も挑めるとなれば、夢のような薬。

そんなパワーを得られると若いうちからED治療薬を服用する人も多い。

バイアグラは有名

最も有名なED治療薬は「バイアグラ」。
バイアグラは、ED治療薬として世界で初めて製品化され、先行の利で知名度は抜群。

国内の多くの病院で処方してくれます。
「バイアグラ+病院+地名」などと検索すれば、見つかるでしょう。
価格は1錠当たり1,500円ほど。
保険適用外。
併用禁忌薬があるので心配な人は病院で処方を受けることをおススメします。
主成分はシルデナフィル。

主なED治療薬

ED治療薬には大きく分けて3種類あります。
ひとつはシルデナフィルが成分の「バイアグラ」。
他にバルデナフィルが主成分の「レビトラ」、タダラフィルが主成分の「シアリス」があります。

それぞれの成分が異なるので効果・副作用・効きはじめ時間・作用時間などが違います。
それぞれの特徴を理解した上で使うとよいでしょう。

ED治療薬のジェネリック

ED治療薬のジェネリックは無数にあります。
国内で入手可能な国産ジェネリックとしては、キッセイ薬品や東和薬品の「シルデナフィル」というバイアグラジェネリックがあります。
純正品より安いので医師に相談してみましょう。

海外には30種類以上のED治療薬ジェネリックがあり、すべてシルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィルの何れかが主成分です。
入手は、一般的に個人輸入代行サイトを利用します。
通常の通販とほぼ違いはありません。

ジェネリックの最大の特徴は価格が安いこと。
継続的に使うのであれば、調べてみるとよいでしょう。

勃起力がちょっと弱っただけで

格安EDジェネリックの登場でEDでない人もED治療薬を使う人も増えています。
ちょっと立ちが悪くなった程度で服用する人も。
行為中に萎えるという不安もほぼ解消できるので使い始めると止められなくなるかも。