1. TOP
  2. ペット
  3. 犬の皮膚病の薬 | 処方薬が分かればネット通販で購入できる

犬の皮膚病の薬 | 処方薬が分かればネット通販で購入できる

ペット この記事は約 19 分で読めます。 221 Views

皮膚炎になりやすい犬は定期的に皮膚炎になってしまいます。
動物病院に行けば、処方される薬はいつも同じ。
皮膚炎の症状が同じなら動物病院と同じ薬をネットで格安に購入できます。
ここでは犬の皮膚炎の薬およびジェネリック医薬品を紹介します。

 

犬の皮膚病の薬

動物病院で処方される薬と同じまたはジェネリック医薬品はネットでは格安で購入することができます。
症状別に皮膚病の薬を紹介しています。

皮膚病の原因は主に3つに分けられます。
・細菌感染による皮膚病
・アレルギーによる皮膚病
・寄生虫による皮膚病

 

細菌感染による皮膚病の薬

・ファンギノックスソリューション
ファンギノックスソリューション(FunginoxSolution)は、有効成分のケトコナゾールを配合した外用抗真菌剤。
犬のマラセチア皮膚炎(脂漏性皮膚炎)や皮膚糸状菌症(水虫)などの真菌感染症に作用します。
ケトコナゾールは、皮膚に寄生した真菌(カビ)に殺菌作用が働き、真菌感染症を治療します。
主成分が同じ薬:ケトパミン、ニゾラール、ニトラゼン
内容量:1本25ml
参考価格:2,058円
ファンギノックスソリューション(FunginoxSolution)2%の詳細
 

・ニナゾル(ケトコナゾールジェネリック)
ニゾラールのジェネリック薬品。
抗真菌性の薬で主に真菌(カビ)の増殖を阻害する作用があり、増殖を抑えます。
カンジダなどの性感染症、水虫の治療薬としても使用されています。
先発品と同様、ケトコナゾールを主成分としていますので同等の効果が期待できます。
主成分が同じ薬:ケトコナゾール、ケトパミン、ニゾラール、ニトラゼン
内容量:1箱100錠
参考価格:3,864円
ニナゾル(Ninazol)200mgの詳細
 

・イトラスポア
イトラスポアは、トリアゾール系の抗真菌薬。
トリアゾール系抗真菌成分は、幅広い真菌に対して有効です。
体のカビ(真菌)が増えるのを抑え、感染を治療する薬です。
真菌を構成するエルゴステロールの合成を阻害することで増殖を抑え、マラセチア皮膚炎を治療します。
主成分が同じ薬:イトリゾール
内容量:1箱28カプセル
参考価格:4,663円
イトラスポア(Itoraspor)100mgの詳細

 

・スポラル(Sporal)
スポラルは、有効成分のイトラコナゾールを含有する抗真菌薬。
有効成分のイトラコナゾールは、体のカビ(真菌)が増殖するを抑え、感染を治療します。
犬のマラセチア皮膚炎を治療します。
「イトラコナゾール」と同等の治療作用があると考えられます。
主成分が同じ薬:イトラコナゾール、イトリゾール
内容量:1箱4カプセル
参考価格:4箱 2,824円
スポラル(Sporal)100mgの詳細

 

・ケフレックス250mg
ケフレックスは、有効成分のセファレキシンを含有するセフェム系抗生物質です。犬・猫における細菌性皮膚感染症の治療に使用します。

本来は人用医薬品ですが、動物医薬品としても使用される場合があります。
使用に際しては獣医師の処方と指導が必要となります。

犬や猫の場合、皮膚の感染、傷口の感染、骨の感染、肺炎、膀胱の感染などのバクテリア感染など、主に感染症治療薬として用いられます。
但し、寄生虫、ダニ、ウィルス、真菌による感染には効果がありません。
主成分が同じ薬:シンクル錠(旭化成)、ラリキシン錠(富山)、セファレキシン錠(日医工)
内容量:1箱28カプセル
参考価格:1箱 1,469円
ケフレックス(Keflex)250mg[セファレキシン]の詳細

 

・セファレキシン(Cephalexin)250mg
セファレキシン(Cephalexin)は、抗生物質セファレキシンが有効成分の薬。
ブドウ球菌に対して殺菌力を発揮し、皮膚感染症の治療薬として使用されます。
細菌性感染症を引き起こす病原性細菌の増殖を抑えることで症状の改善が期待できます。
ビルバック社のリレキシペットと同成分の抗菌剤です。
主成分が同じ薬:L-キサール、L-ケフレックス、ケフレックス、、センセファリン、ラリキシン
内容量:1箱200錠
参考価格:5,506円
セファレキシン250mg(セファデックス)・錠剤タイプの詳細

 

・リクセン(Lixen)600mg
セファレキシンと同等の作用がある薬です。
主成分が同じ薬:L-キサール、L-ケフレックス、ケフレックス、、センセファリン、ラリキシン
内容量:1箱7錠
参考価格:1箱 1,430円
リクセン(Lixen)600mgの詳細

 

・TOフレックス500mg(セファレキシン)
セファレキシンと同等の作用がある薬です。
主成分が同じ薬:L-キサール、L-ケフレックス、ケフレックス、、センセファリン、ラリキシン
内容量:1箱100カプセル
参考価格:1箱 3,098円
TOフレックス(Toflex)500mg[セファレキシン]の詳細

 

・アンチバイオティックローション
有効成分のネオマイシンは細菌を殺して感染を治療する抗菌成分。
麻酔成分のリグノカインが痛みを抑えながら、副腎皮質ホルモン(ステロイド)のヒドロコルチゾンが皮膚の発赤・腫れ・かゆみなどを改善します。
内容量:1本50ml
参考価格:1本 1,412円
アンチバイオティックローション(AntibioticLotion)の詳細
 

・イリウム・ネオコートクリーム
イリウム・ネオコートクリームには、有効成分のネオマイシン、ヒドロコルチゾン、リドカインが配合されていて皮膚炎や赤み、かゆみの改善が期待できます。
内容量:1本50g
参考価格:1本 1,537円
イリウム・ネオコートクリーム (Ilium Neocort)の詳細
 

・テラマイシン軟膏
抗生物質による抗菌作用とステロイドによる抗炎症・抗アレルギー作用により、皮膚の発赤・はれ・かゆみなどの症状を改善する効果が期待できます。
具体的には虫さされ、湿疹、皮膚炎群、痒疹群、じん麻疹様苔癬、乾癬、薬疹、中毒疹、類天疱瘡(ジューリング疱疹状皮膚炎を含む)、円形脱毛症、頭部の皮膚疾患(湿疹・皮膚炎群,乾癬)、慢性円板状エリテマトーデス、扁平紅色苔癬、紅皮症、肥厚性瘢痕・ケロイド、アミロイド苔癬、慢性膿皮症、熱傷、手術創、潰瘍などの症状に使用できます。
内容量:1本3.5g
参考価格:1本 1,065円
テラマイシン軟膏(Terramycin)の詳細
 

・ペルシーアクアバリアスプレー
アクアバリアスプレーは、保湿、抗炎症、殺菌、修復、バリア機能サポートなどさまざまな効果が期待できます。
また天然精油ラベンダー配合などでペットにもリラックスをもたらすとされています。
内容量:1本200ml
参考価格:1本 1,880円
ペルシーアクアバリアスプレー(PealthyAquaBarrierSpray)の詳細
 

・ダーミヒールクリーム
ダーミヒールクリームは幅広い細菌に効果を発揮するクリームです。
含有の有効成分はゲンタマイシン、ベタメタゾン、クロトリマゾール。
ゲンタマイシンは、アミノグリコシド系抗菌薬に分類され、皮膚および耳の細菌感染症に対して有効な抗生物質です。
ベタメタゾンは、血管収縮作用や消炎作用がある合成副腎皮質ホルモン剤です。
クロトリマゾールは、抗真菌剤で真菌細胞膜の合成阻害や代謝系酵素の阻害作用があります。
内容量:1本25g
参考価格:1本1,117円
ダーミヒールクリーム(Dermiheal Cream)の詳細

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アレルギー性の皮膚炎の薬

・プレドニゾロン(Panafcortelone)1mg
有効成分のプレドニゾロンを含有した合成副腎皮質ホルモン(ステロイド)剤です。
炎症やアレルギー、免疫を抑えたり、不足している副腎皮質ホルモンを補う働きがあります。
副腎皮質ホルモン剤としては頻繁使われる標準的な薬です。
内容量:1本100錠
参考価格:1本 1,401円
プレドニゾロン(Panafcortelone)1mgの詳細
 

・コルタバンス
コルタバンスは、犬のアレルギー性皮膚炎による症状を緩和する外用ローションスプレーです。
合成副腎皮質ホルモン剤であるヒドロコルチゾンアセポン酸エステル(HCA)を含有し、速やかに浸透した後、表皮内に長く留まり、高い抗炎症作用を発揮します。
速乾性スプレーなので皮膚のべたつきがありません。
また、速やかに分解されるステロイドを使用し、副作用発症のリスクが少ないのが特徴です。
内容量:1本76ml
参考価格:1本 3,662円
コルタバンス(Cortavance)犬用の詳細
 

・アポクエル(Apoquel)3.6mg
アポクエル(アポキル錠)は、オクラシチニブマレイン酸塩が主成分の犬専用の高い即効性をもつ経口摂取タイプの薬です。
アレルギー性皮膚炎によるかゆみや赤み、腫れなどの症状の緩和をはじめ、長期的な治療が必要となる症状にも優れた効果を発揮します。
かゆみや炎症などの症状を引き起こすサイトカインの産生を抑制することで症状を緩和、摂取後4時間ほど効果を発揮し、24時間以内にかゆみをコントロールします。
従来のステロイド系の薬剤と比べて副作用は、比較的少ないようです。
内容量:1箱20錠
参考価格:1箱 3,893円
アポキル錠/アポクエル(Apoquel)3.6mgの詳細
 

・アトピカ(中型犬用/7.5〜36kg)50mg
アトピカは、シクロスポリンを有効成分とした免疫抑制剤で難治性アトピー性皮膚炎の症状の緩和に効果を発揮します。
アレルゲンに対して過剰に反応してしまう免疫系皮膚細胞の働きを抑制し、皮膚の赤みやかゆみなどのアトピー性皮膚炎の症状を緩和します。
小型犬用・大型犬用もあります。
主成分が同じ薬:シクロキャップ
内容量:1箱15ソフトカプセル
参考価格:7,632円
アトピカ(中型犬用/7.5〜36kg)50mgの詳細
 

・シクロフィルミー(アトピカジェネリック)
シクロフィルミー(CyclophilMe)は、アトピカのジェネリック医薬品でシクロスポリンを有効成分とした免疫抑制剤。アトピカ(Atopica)と同成分です。
有効成分のシクロスポリンは、アレルゲンに対して過剰に反応してしまう免疫系皮膚細胞の働きを抑制し、皮膚の赤みやかゆみなどのアトピー性皮膚炎の症状を緩和します。
アトピカのジェネリックなので価格は正規品の半額と経済的。
内容量:1箱30錠
参考価格:1箱30錠50mg4,374円(中型犬用/8~36kg) 1箱30錠25mg2,887円(小型犬用/4~8kg未満)
[ネオーラルジェネリック]シクロフィルミー(CyclophilMe)50mgの詳細
 

・アトペックス(Atopex)50mg(アトピカジェネリック)
アトピカ(Atopica)と同じ成分のシクロスポリン配合免疫抑制剤です。
シクロスポリンは、アレルゲンに対して過剰に反応する免疫系皮膚細胞の働きを抑制し、皮膚の赤みやかゆみなどのアトピー性皮膚炎の症状を緩和します。
シクロスポリンは、本来、人のアトピー治療薬として1987年から使われるようになり、犬用としては日本で2006年から使用されています。
主成分が同じ薬:アトピカ、シクロキャップ
内容量:1箱10錠
参考価格:1箱 2,294円
アトペックス(Atopex)50mgの詳細
 

・アイチュミューンC(IchmuneC)50mg(アトピカジェネリック)
アイチュミューンは、アトピカのジェネリックで有効成分シクロスポリンは同じ。
犬の難治性アトピー性皮膚炎の症状の緩和に効果が期待できます。
主成分が同じ薬:アトピカ、シクロキャップ
内容量:1箱30錠
参考価格:1箱 3,800円
アイチュミューンC(Ichmune C) 50mgの詳細
 

・プレドニゾロン(Panafcortelone)1mg
Panafcorteloneは、プレドニゾロンを含有した合成副腎皮質ホルモン(ステロイド)剤です。
炎症・アレルギーを緩和したり、免疫を抑制したり、不足している副腎皮質ホルモンを補ったりします。
主成分が同じ薬:プレドニゾロン
内容量:1本100錠
参考価格:1本 1,413円
プレドニゾロン(Panafcortelone)1mgの詳細
 

・ザイマックストピカルクリーム(ZymoxTopicalCream)
ザイマックストピカルクリームは、有効成分のヒドロコルチゾンを含有した外用剤。
ペットのアレルギー性皮膚炎の症状の緩和が期待できます。
炎症やアレルギーを抑えることでかぶれ、湿疹、アトピー性皮膚炎などの皮膚の腫れやかゆみを緩和します。
内容量:1本28g
参考価格:1本 2,090円
ザイマックストピカルクリーム・ヒドロコルチゾン入り(Zymox Topical Cream HC1.0%)の詳細

 

 

 

 

 

 

寄生虫による皮膚炎の薬

・ネクスガード28mg(小型犬用/4~10kg)
ネクスガードgは、愛犬に付いているノミやマダニを駆除するための経口薬。
本品は小型犬用ですが、大型犬用、超小型犬用の製品もあります
犬にとって食べやすいソフトチュアブルタイプ。大豆をベースとした牛肉風味で餌やおやつの感覚で容易に薬を食べさせることができます。
有効成分の(アフォキソラネルは、即効性があり、投与してから30分後くらで効果が現れ、6時間以内にノミを駆除します。
マダニは24時間以内に100%駆除ができます。
また、1ヶ月間、効果が持続しますので月1回投与するだけでノミやマダニから愛犬を守ることができます。
内容量:1箱6錠
参考価格:1箱 5,778円
ネクスガード(小型犬用/4〜10kg)の詳細
 

・クレデリオ56mg(体重1.3-2.5kgの犬用)
クレデリオは有効成分ロチラネルを配合した犬のノミ・マダニの駆虫薬です。
即効性があり、投与後4時間でノミ・マダニの駆除効果が発現します。
小さくビーフ味の錠剤なので食いつきもよく投与に手間はかからないでしょう。
1回の投与で持続効果は1か月間。
月に1回定期投与することで、1年中愛犬をノミ・マダニから守ることができます。
他に「112mg(体重2.5-5.5kgの犬用)」「225mg(体重5.5-11kgの犬用)」の製品もあります。
内容量:1箱3錠
参考価格:1箱 4,009円
クレデリオ56mg(体重1.3-2.5kgの犬用)の詳細
 

・ストロングホールド
ストロングホールドは、フィラリア・ノミの寄生を予防したり、ダニを駆除します。
成虫駆除、幼虫駆除、殺卵の特性があり、処置後3週間は殺卵剤としても効果を発揮します。
犬の皮膚に塗布して使う一回使い切りのプラスチックチューブ入り。
スポット式なので小さな犬に対しても簡単に塗布できます。
1回の使用でノミの感染を一ヶ月間予防します。
種類は超小型犬用、小型犬用、中型犬用、大型犬用などがあります。
主成分が同じ薬:レボリューション
内容量:1箱6ピペット
参考価格:1箱 4,541円
EU版レボリューション/ストロングホールド(小型犬用/5.1〜10kg)の詳細
 

・フロントラインプラス
フロントラインプラスは寄生したノミやダニを24時間以内に駆除します。
ノミやダニを駆除する働きに加え、ノミの卵の孵化・発育をも阻止する働きがあります。
小型犬用、中型犬用、大型犬用の製品があります。
内容量:1箱6ピペット
参考価格:6ピペット 4,643円
フロントラインプラス(小型犬用/10kg未満)の詳細
 

・フロントラインスポットオン
犬に寄生したノミやダニを48時間以内に駆除します。
またノミに対しては約1~3ヶ月間、ダニに対しては約1ヶ月間、新たな寄生を予防します。
小型犬用、中型犬用、大型犬用の製品があります。
内容量:1箱3ピペット
参考価格:3ピペット2,990円
フロントラインスポットオン(小型犬用/10kg未満)の詳細
 

・キルティクス
キルティクスは、日本では「ボルボプラスカラー」と言う製品名の首輪タイプのノミ・マダニ駆除薬です。
首輪から徐々に放出される成分が速やかに全身に行き渡り、ノミ・マダニを駆除します。
プロポキスルとフルメトリンの2種類を配合することで相乗的に作用します。
約5ヶ月間の駆除作用があります。
主成分が同じ薬:ボルホプラスカラー
内容量:1箱1本
参考価格:1箱 2,215円
キルティクスMサイズ(約53cm)1本の詳細
 

 

 

 

 

 

 

 

 

皮膚炎の症状と原因

・アトピー性皮膚炎
人への発症が増えているアトピー性皮膚炎ですが、犬のアトピーもとても増えています。
呼吸するときにアレルギー物質を吸い込み、過敏症を起こす病気で遺伝的な要因が強いと言われています。
かゆみの症状があり、特に夜の間体をかいてしまうことが多いです。

治療には軟膏を塗ることもありますが、症状によってはステロイド剤や抗ヒスタミン剤、脂肪酸などを組み合わせて投与することもあります。

 

・アレルギー性皮膚炎
アレルギー性皮膚炎は、ハウスダストなどの環境因子や食べ物による食物因子などが原因でかゆみや発赤、発疹を引き起こす病気です。
特に目の周りや口周り、耳、足先、脇や腹部、お尻周りなどに多く発症します。
アレルギー性皮膚炎は完治が難しく、様々な治療を組み合わせて管理していきます。

 

・乾性脂漏症
カサカサ肌のことで特に細かいフケがたくさん出てかゆみを伴うこともあります。
冬場にファンヒーターの前にずっといたりすると乾性脂漏になりやすくなります。
乾性脂漏になると皮膚のバリア機能が低下し、そこから二次的な細菌感染を起こすこともあります。体質的な要因が大きく、スキンケアや食事で管理します。

 

・細菌性皮膚炎
細菌性皮膚炎の症状は赤い発疹ができたりかゆみが出たりします。
皮膚上の常在菌が感染を引き起こし、増殖することが原因です。
ひどくなると化膿してしまうこともあり、その場合、抗生物質を投与することが必要となります。
元々アトピーやアレルギー疾患がある犬が細菌性皮膚炎に感染するとなかなか完治しにくくなります。

 

・真菌性皮膚炎
犬の皮膚に潜伏している「カビ」が引き起こす皮膚炎。
普通は皮膚のバリア機能が作用してカビの繁殖を抑えますが、免疫機能が落ちたりすると皮膚のバリア機能が低下しカビが繁殖してしまうことがあります。
治療は数か月続くことが多いので、長期に渡ったケアが必要になります。
最初に動物病院で薬を処方してもらい、治療の知識を仕入れた上で薬をネット購入することもありでしょう。

 

・脂漏症(しろうしょう)
マラセチアという常在菌が活発化したときに起こる皮膚炎で「マラセチア皮膚炎」とも呼ばれています。
症状は2タイプあり、脂っぽくベタついたようなフケが出てかゆみが広がるタイプと乾燥したフケが出て皮膚の表面がかさつくタイプがあります。
症状に合わせて犬用のシャンプーを変えてみましょう。また食事が原因の場合もあるのでドッグフードの種類を変える必要がありかもしれません。

 

・膿皮症(のうひしょう)
犬の皮膚に常に存在しているぶどう球菌が大量に発生して起こる皮膚炎です。
症状は最初小さな発疹が現れ、次第に大きな発疹になり広がっていきます。
感染を放っておくと皮膚に穴が空いたり、膿が悪臭を放ったりします。
治療には抗生物質の服用が一般的です。また殺菌性の強いシャンプーや保湿剤を使うことで肌のバリア機能を高めることも重要です。

 

・疥癬症(かいせんしょう)
疥癬症とは「ヒゼンダニ」というダニによって発症する皮膚炎です。
症状としてかなり強いかゆみを引き起こし、かき続けると皮膚の状態が悪化します。
疥癬症になった犬から他の犬にうつることもあり、また犬から人間へ寄生することもあります。
治療としては駆虫剤でダニを駆除すると共に皮膚の炎症を抑える治療を行います。

 

・毛包虫症
毛包虫症はアカラス症、ニキビダニ症とも呼ばれる寄生虫による感染症です。
通常、毛包虫というダニは犬の皮膚に常在していますが、犬に害を及ぼすことはありません。
ただ犬の免疫力が落ちると毛包虫が増殖し、かゆみの症状が現れます。
治療には駆虫剤を使います。
犬が弱っている場合には、病気の治療を平行して行います。

 

・ノミ寄生
ノミの寄生により、かゆみや発疹を引き起こす皮膚炎です。
かゆみや発疹だけでなく、ノミが犬の皮膚から吸血するときに犬の体内に病原体を感染させることもあります。
また伝染力が非常に強いので他の犬や猫のも寄生します。
人間に寄生することもありますので注意しましょう。
治療は駆除剤を使います。予防薬で感染予防もできます。

 

犬の皮膚炎の予防

皮膚病にならないためのポイントとして「良質の食事」「皮膚を清潔に保つ」「ノミやダニの予防薬」「定期的にチェック」などがあります。

これらの対策で最も重要なのが、「皮膚を清潔に保つ」ことです。
犬の皮膚は毛に覆われていますが、肌自体はとてもデリケートです。
定期的にシャンプーして清潔な肌を保つことが効果的です。ただしシャンプーをし過ぎて肌を傷つけないように注意しましょう。
適正と言われているシャンプーの頻度は「1ヶ月に1、2回程度」とされています。

食事は年齢に合わせた適正とされれいるドッグフードを与えましょう。安すぎるドッグフードは要注意。
基本人間の食べ物は何でも食べてしまいますが、与えない方が無難でしょう。
自分で犬の食事を作って提供したい場合はよく研究してから与えましょう。

 

皮膚病の病院での治療費

皮膚病は多く場合、定期的な通院が必要になります。
通院の回数によってはかなり高額になります。

参考価格
初診料…1,000円
処置料…1,500円
皮膚検査…3000円
内服薬…2,500円
外用薬…2,500円

1回の通院費で4,000~10,000円程度かかると思っておきましょう。
症状の原因特定のための皮膚検査やサプリメント・シャンプーなどが追加されるとさらに費用負担がかさみます。

 

動物病院で処方される薬の名前が分からない場合

動物病院で処方される薬と同じ薬をネットで購入しようと思っても処方される薬が袋やボトルに小分けされていることがあります。

通常、動物病院では薬の名前を口頭で説明するか、紙に書いて渡してくれるか、薬の袋に明記してくれます。
ただ、病院によっては説明をしてくれないところもあります。
その場合は率直に聞きましょう。
ちゃんと答えてくれるはずです。

いやがったり面倒くさいがるなど患者の要求にに応えない病院がまれにありますが、そのような場合は転院しましょう。

 

ペット保険の費用

動物病院の治療費は犬の生涯によってはかなり高額になることもあります。
ペット保険の費用は月額数百円~数千円とさまざまな商品があります。
それぞれ保障される割合や保障内容が大きく異なります。
予算に合わせて自分のペットに最適な商品を選ぶという選択肢も検討してみましょう。



 

\ SNSでシェアしよう! /

ジェネリック医薬品トレンドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ジェネリック医薬品トレンドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

lots

この人が書いた記事  記事一覧

  • 待った!スカルプDメディカルミノキ5を購入する前に検討した製品とは!?

  • 実録、私の10年間の育毛体験 | リアップ~フォリックスFR15までの効果!?

  • 避妊の種類と成功率・メリット・デメリット

  • ジスロマック&ジェネリック人気通販サイト | クラミジア治療の効果・副作用

関連記事

  • 犬の外耳炎の薬をネット通販で購入してみよう!